第9弾 1億年後の私

え〜、どういうこと!?1億年後の私!!

いやぁ、これも面白いですわ。
マジ作者天才です!!





こちらをどうぞ↓

鑑定診断系占いにある1億年後の私!!







僕の結果〜
BenBenの一億年物語







今から20年後くらいに、なんだかんだあって、BenBenの遺伝子がのこっちゃうんです。

んで、

時は経ち1万年後

TV番組「トレビアンの泉」の解説中に発した一言が、その年の流行語大賞にノミネートされた事が脈々と語り継がれる事になる遺伝子研究者がBenBenの遺伝子を、ロールプレイングゲームに触発されて、見知らぬ民家に入り壷をなげて割ってみたら発見。

微生物にBenBenの遺伝子を埋め込んで育てちゃうのですが、事故で下水に流れちゃいます。

ちなみにこのBenBenの遺伝子を埋め込んだ微生物の一番の好物は、映画館などで売ってるポップコーンで底の方に残る、いまひとつはじけきれなかった固いヤツでした。




時は経ち10万年後

なんだかんだと俗に言う虫程度に進化しちゃいます。

この頃のネーミングは「ヘラクレスおおBenBenムシ」でした。

ヘラクレスおおBenBenムシにとって印象深い出来事として、大御所女優がヘラクレスおおBenBenムシを飼う事が最も癒し効果があるとTVで発言したことから、セレブマダムの間で大ブレイク。高級品としてかなりの高額で取引されたりした。






更に時は経ち100万年後

ヘラクレスおおBenBenムシは劇的な進化を遂げ、姿かたちは大きく変わりその特徴は、早く走る事に生きがいを感じるその体は長い手足と細身の体で出来ている。一見「ウマ」だが実はウマではない。

俗に「BenBenキャップテイオー」と呼ばれる生物である。

<その時の姿>

画:かっちゃん(6歳)




そして1000万年後

とにかくBenBenキャップテイオー達にとって、すっごいピンチがやってきます。

このピンチにBenBenキャップテイオーは、兼ねてより準備していた秘策をもって乗り切る事ができました。

ちなみにこの秘策は、21世紀初頭頃にみな(14歳)が大好きな先輩に渡そうと思ったけど結局渡せず、冷凍庫に保管され続けた手作りのメッセージ入りバレンタインチョコをヒントに知ることが出来た貴重なものでした。



遥かな未来、1億年後。

「さぁ第四コーナーを回って直線!」

「大外から上がってきたぞ本命のBenBenインパクト!!」

「一気に刺しきって一着でゴールイン!!」

人類と共存共栄を図ってきたBenBenキャップテイオー、もっともその象徴ともいえるのが競馬。
昔は騎手が跨って操っていたが、今は自らの意志で鍛えて走るBenBenキャップテイオー競馬。
そのスリリングな展開と知能を持った戦略性のあるレース展開が人気の理由。
BenBenキャップテイオー界においては、BenBenキャップテイオー競馬の最もBIGなレース「BenBen記念」に優勝することが最大の栄誉であり、
すべてのBenBenキャップテイオーが目指す一生をかけた戦いでもある。





BenBenの遺伝子レベル
生命力 67
知力 92
運 67
遺伝子ランク A+

結局は競馬関係の話になりました(笑)


この記事へのコメント・トラックバックお待ちしております。

また、皆さんの結果も教えてくださいね^^

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/21721569

ウマ
Excerpt: ウマウマ生物の分類|分類界: 動物|動物界 Animalia門: 脊索動物|脊索動物門 Chordata亜門: 脊椎動物|脊椎動物亜門 Vertebrata綱: 哺乳類|哺乳綱 Mammalia目: ..
Weblog: 馬馬辞典
Tracked: 2006-08-02 10:41

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。